News&Topics

ETL/ELTツール『CData Sync』がHeatWave に対応~400種類以上のSaaS・データベースから HeatWave へのデータパイプラインをノーコードで構築~

2024年7月3日
CData Software Japan 合同会社
株式会社スマートスタイル

2024年7月3日、CData Software Japan 合同会社(本社:アメリカノースカロライナ州、日本オフィス:宮城県仙台市、代表社員 職務執行者:疋田 圭介、以下CData)は、クラウド・DB データのETL / ELTツール『CData Sync』がオラクルの提供するMySQL HeatWaveをデータ同期先として対応したことを発表しました。

これにより企業は大規模データを高速で扱えるMySQL HeatWaveに対し、Oracle Database やSQL ServerなどのRDBデータやSalesforce・Google Analytics4・SAPなどのSaaS・アプリケーションデータを同期するデータパイプラインをノーコードで構築可能になります。

本ソリューションの導入は、CData Sync のインテグレーションパートナーである株式会社スマートスタイル(東京都港区、代表取締役社長:河野 一)が、これまで20年にわたりMySQL のコンサルティングやサポートを行ってきた豊富な知見を活かし、実装をサポートいたします。

■大規模なデータ分析基盤に適する HeatWave へのデータパイプライン構築

現在企業では、オンプレミスの基幹システムやSaaS の業務アプリケーションをハイブリッドで利用しています。業務活動のすべてがデジタルデータとして保管されていくなかで業務データは膨大となり、大規模なデータをハイパフォーマンス・高可用性で処理できるデータベースサービスを分析基盤とする必要性が高まっています。

HeatWave は、オラクルが提供するMySQL ベースのクラウド提供のデータベースサービスです。HeatWaveは超並列でインメモリのハイブリッドな列指向のクエリ処理エンジンを搭載することで大規模なスケーリングとパフォーマンスを実現することが可能です。

クラウド・DB データのETL / ELT ツールである『CData Sync』がデータの同期先としてHeatWave に対応したことで、400種類以上のSaaS・DB に格納されている業務データをHeatWave に収集し、企業データを統合するデータ分析基盤として利用することが可能です。

HeatWave 対応のCData Syncはこちらからダウンロードが可能です。
30日間の無償トライアルをぜひお試しください。
【トライアル版ダウンロード】
https://www.cdata.com/jp/sync/

■ オンプレミス基幹DBデータのクラウドリフトやクラウド分析基盤への複製

CData Sync を使えば、オンプレミス基幹システムで使用されるOracle Database、SQL Server、Db2 などのデータベースのデータを簡単にOracle Cloud Infrastructure(OCI) 上の HeatWave に反復同期することができます。 基幹システム自体のクラウドリフトや、クラウドデータ分析基盤へのオンプレミスデータのパイプラインをノーコード・低コストで実現できます。

■ Salesforce、SAP、Marketoなどのアプリケーションデータの分析基盤へのパイプライン

企業では、Salesforce、Adobe Marketo Engage、Google Analytics 4 などのSaaS やSAP などのアプリケーションを利用しています。顧客データを含む業務データは複数のサービス・アプリケーションに分散してしまい、顧客とのタッチポイント全容の把握や、業務全体の把握が困難になっています。

■ CData Sync の機能概要

  • 400種類以上のデータソース
  • データソース接続、同期先接続、ジョブ設定の3ステップでシンプルな操作
  • Oracle Database、SQL Server、PostgreSQL を含むRDB からのCDC対応、SaaS データの差分更新対応
  • オンプレでもクラウドでも(OCI のVMを含む)ホスティング可能。オンプレミスホスティングでは、SSH サーバーを挟んだ接続にも対応

■日本オラクル株式会社 常務執行役員 アライアンス統括 佐野 守計氏

日本オラクルは、CData Syncの HeatWaveへの対応を歓迎します。 CData Syncと HeatWaveの連携により、お客様の業務ごとに分散されたSaaS 上のデータが HeatWaveに効率的に集約され、お客様の意思決定がより迅速に行われることを期待します。 Oracle Autonomous Databaseに加え、CData Syncが HeatWaveにも正式に対応したことによって幅広いお客様のご要望にお応えできることとなり、スマートスタイル様が掲げる Data Architecture Initiative に寄与するものと確信しています。

■ 3社共催、無料オンラインセミナーを開催

本セミナーでは、CData Sync と HeatWave を組み合わせてSAP・Dynamics 365・Salesforce・NetSuite などニーズの高いデータソースと連携してデータ分析基盤を構築するためのポイントを解説します。

【開催概要】
自社のCRM・ERP・SFAと連携したデータ分析基盤を HeatWaveで構築する方法
~「CData Sync」でデータパイプラインをノーコードで構築~

日時 :2024年7月30日(火)11:00-12:30
形式 :オンライン(Zoom)
参加費 :無料

時間 コンテンツ 登壇者
11:00~11:25 CData Syncを使って自社システムと
HeatWave を連携させる方法
CData Software Japan合同会社
杉本 和也 氏
11:25~11:50 データ分析基盤としてのHeatWaveの強み 日本オラクル株式会社
林 永治 氏
11:50~12:15 HeatWave・CData Sync
導入支援サービス・事例の紹介
スマートスタイル株式会社
内藤 達也 氏
12:15~12:30 質疑応答

参加登録


<スマートスタイルについて:https://www.s-style.co.jp/

スマートスタイルは、2004年よりオラクル社が提供するオープンソースのリレーショナルデータベース管理システム 「MySQL」のパートナーとして、MySQLを中心としたデータベースのコンサルティングやサポートを提供しています。また、2018年5月からは、日本オラクル社のクラウド販売パートナーとして、OCIの再販・導入、運用支援等のサービス提供を行っています。

※スマートスタイル社は、オラクル社より Oracle Cloud の構築・展開・実行・管理に関する専門技術と実績を示す、MySQL 8 および Oracle Cloud Platform の Sell Expertise の認定を受けています。

<CData Software について:https://www.cdata.com/jp/

CData Software, Inc. は、クラウドデータのコネクティビティソリューションおよびデータ連携ツールのリーディングベンダーです。250以上のSaaS、NoSQL やアプリケーションデータに標準接続するドライバーとデータ接続テクノロジーの開発に特化し、各種ツール、クラウドサービス、カスタムアプリケーションからのリアルタイム接続を実現します。CData 製品は、世界中の企業のデータ統合ソリューションにて利用されているほか、Salesforce、TIBCO、アステリアなど150以上のデータ製品ベンダーにOEM されています。

CData Sync(https://www.cdata.com/jp/sync/)は、400+のSaaS / DB をサポートするデータパイプラインツールです。オンプレミスDB やクラウドに分散する業務データをノーコードでRDB やDWH に統合できます。

※Oracle、Java、MySQL及びNetSuiteは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。NetSuiteは、クラウド・コンピューティングの新時代を切り開いたクラウド・カンパニーです。

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。


【本件に関するお問い合わせ先】
CData Software Japan 合同会社 マーケティングデスク
E-mail: press@cdata.co.jp
株式会社スマートスタイル
E-mail:sales@s-style.co.jp
 プレスリリースPDF ダウンロード

お問合せ・ご相談

Oracle Cloud の導入、サービスについてのご相談など、お気軽にお問合せください。